年収ダウンした40・50代の中高年の方へ!転職より在宅副業をおすすめする理由!

年収ダウンした40・50代の中高年の方へ!転職より在宅副業をおすすめする理由!

年収

こんにちは。

最近気になったのが年収ダウンの話です。

低所得・低収入に苦しんでいる40代が多いそうなんです。

お金や生活、仕事のことで嘆いている人もかなりいるみたいです。

40代だけでなく50代でもそうですが、これくらいの年代や年齢になると会社からの給料も上がって20代や30代の時よりはいろいろとずっと楽になるなんて思っていた方も多いでしょうからね。

ところが現実は・・・。

中高年、特に中年でも稼げなくなってきているというのが最近の現状です。

真面目に会社勤めをしていれば生活が保証されるなんていう時代は終わっているとも言えます。

厚生労働省

余談になりますが、厚生労働省の定義によると中高年は45歳からとなっています。

まさに管理人のわたしはその中に入っています。

今現在48歳ですから。

40代で低所得ってかなり悲惨といえます。

その原因や理由としては、出世できないとか転職の回数が多いなどいろんなことがあります。

そんなわけで今回は、年収ダウンした40・50代の中高年の方へ向けての記事です。

そんな方々に転職より在宅副業をおすすめする理由を解説していきます。

会社の業績が悪化して年収が100万円もダウンしたなんて話も聞きます。

もちろん、それ以上の方もいます。

こんな大変な状況の中で住宅ローンなどを抱えていたら本当に大変です。

というか、死活問題ですよね。

今回はそんなお話しです。

年収ダウンしたら?

ダウン

例えば、さきほど紹介したような会社の業績悪化による年収ダウンが100万円とか200万円なんかになったりした場合、業績が回復する見込みがほとんど考えられないなら転職を考えると思います。

でも、40代や50代の中高年になって転職してゼロから新しい仕事を覚えたりしなければいけないような場合はとんでもなく大変なのはいうまでもありません。

確実に正社員として採用されるわけでもないですしね。

なんらかの資格やスキルがあればまた違ってくるとは思いますが。

年収が大幅にダウンしたら、やはり早急になんらかの対策を立てる必要があります。

当たり前なんですが・・・。

ローン

転職するにしても、住宅ローンなどがあったりするとなるべくリスクになるようなことはしたくないというのが本音だと思います。

低所得時代に入ってしまっているとも言えますが、やはりいろんな方の話なんかをお聞きするとその実態というのは本当に悲惨です。

転職して給料が上がればいいですが、アップが見込めないんだったらまた大変です。

給料アップが見込めないってことでバイトを始める方もいます。

少しでも生活費の足しになればいいという考えです。

生活のためとはいえ、会社で働きつつバイトをするってものすごくきついです。

少しでも収入が増えれば精神的にはちょっとは楽になるんでしょうけど、体力的にはかなりキツイはずです。

特に、40代や50代、またはそれ以上の中高年にとっては。

ちょっとした副業をしているくらいでは本当に安心できる生活レベルになるのは極めて難しいと思います。

しかも、それをずっと続けていかなければいけないとなる場合、いつまでも経済的な不安が常につきまとうと思います。

副業するのはいいとしても今後のことをもうちょっと中長期的に考えてどんなものをやるべきかをしっかりリサーチしていくことが重要です。

バイトなどの副業をやってて病気になったり入院してしまったりしたら、それこそどうしようもない状況になるのは明らかです。

事故なんかでもそうです。

なぜなら働いた分の時間だけしかお金にならないんですから。

保険に入っていても永久に生活が保証されるわけではありませんから。

そんなものは一時的なものにすぎませんからね。

40・50代の中高年の実例

中高年

40・50代の中高年にとっては年収ダウンはきわめて深刻な問題です。

ここで具体的な実例を紹介します。

先日、当サイトにそんなお問い合わせが来たんです。

50代半ばの男性からのものでした。

今年2017年4月に役職を離任されて給料が大幅にダウンしたとのことでした。

さらに4年後には定年を迎えられます。

年金が支給されるまでは再雇用なれるそうなんですが、契約社員になってしまうために給料がさらにダウンすることが予想されるとのことでした。

役職離任による給料のダウン、つまり年収ダウンですが、悪いことばかりではありませんでした。

離任したことで残業がなくなることで、これまでよりも自分の時間がある程度、持てるよようになったからです。

それで副業を始めようと思ったそうなんです。

それでGoogle AdSense(グーグルアドセンス)を使ったブログ副業に興味を持ち、管理人に問い合わせしてこられたというわけです。

定年までの4年間でブログ副業というサイドビジネスを是非成功させたいとのことでした。

転職より在宅副業をおすすめする理由とは?

ブログで副業

転職すればダウンする前の年収に戻るとは限りません。

また、会社での仕事が終わってからアルバイトなどの副業をするのも大変です。

これは年齢とは関係なくきついです。

特に中高年は体力的な問題が出て来る可能性が高いです。

でも、ブログなら体力的な問題もほとんどありません。

実際、管理人が運営する熊本アドセンスコンサルスクールには70代でブログ副業をされている女性もいるくらいですから。

管理人に言わせれば、転職するリスクを負ったり、わざわざ外で副業をしなくても最低でもダウン分の年収を補える方法があるということをいいたいのです。

それがさきほど紹介した50代の方がやろうとしているグーグルアドセンスからの収益を得るブログ副業です。

これは管理人ももちろんやっていて、更に熊本アドセンスコンサルスクールを運営して指導までしているくらいです。

気になるのは1つのブログで月にどれくらいを稼げるのか?ということだと思います。

数万円~数10万円です。

それで生活している方もたくさんいます。

100万円以上の方も。

中には300万円くらい稼いでいる方もいます。

管理人の知り合いですが。

例えば、ブログ1つで毎月10万円を稼げるとして、そんなブログを3つも持っていれば30万円となります。

ブログ副業は最近特に注目されています。

【樂天】

ファイナンシャルプランナーの武藤貴子さんが実践されていて本も出版されているくらいですから。

ブログが成長してくると寝ている間にも収益が発生します。

また、ブログが強くなるとほとんど記事を書かなくても収益が発生するようになります。

インターネット上にあるブログは365日24時間休むことなく勝手に働いてくれるからです。

通常の労働では働いた時間に対してだけお金が発生しますので、これは信じられないことみたいですが、今やインターネット上では当たり前のことといっても過言ではありません。

以上のようなことに加えて、ブログだと在宅で好きな時や時間に出来ます。

また、病気で何も出来ない時や入院している時など何も出来ない時でもお金が稼げます。

さらに、強くなったブログは作業をほとんどやらなくてもお金を生み出してくれる資産のようなものにすることも可能です。

また、ある程度の収益が発生するようになれば、その一部を使って外注化して記事作成を頼めば自分で記事を書かなくてもよくなります。

お金を支払えば記事を書いてくださる方もいるんです。

そういった人を募集するサイトもあります。

一度そんな仕組みを構築してしまえば、自分ではほとんど作業しなくてもお金を得ることが可能になります。

このように転職やアルバイトなどの副業と違って様々な利点があります。

こういった理由で、管理人も実践しているブログを使った副業をおすすめしているんです。

年収ダウンだけでなく、家にいながらお金を稼ぎたい方には最適な副業だと思います。

もちろん、大きな金額を稼げるようになったら本業にしていくことも可能です。

熊本でのアドセンスのコンサルスクールの指導内容

ブログを使って在宅で副業をやりたい女性のためのコースを新設しました!

ばさしのメルマガ講座

CTA-IMAGE これからブログで副業したい方、またはすでに始めているけどなかなか成果が出ない方。パソコンスキルに関することやツール等の情報も解説していきます。特に初心者におすすめ!ばさしのメルマガ講座ではブログでは書けないメルマガ限定情報も発信中!ただいま、メルマガ登録特典としてWordPressブログ開設マニュアルをプレゼント中!

マネーカテゴリの最新記事